読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せたのは運命の人ではなくヲタクな日々

何ヲタと聞かれると答えられない程のヲタ活をしているアラフォーまっしぐらな女の話。

プロフェッショナル

どの道にも極め過ぎての凄い人達がいます。特にワタシの周りはそういう人ばかりなんですね。

 

しかし、昨日大変感銘を受けました。

 

久しぶりに電話越しに叱られたんですけど(こればかりはやって見ないと分からんことだらけで勉強不足だった自分にもかなり落ち度があったから、素直にお詫びしました)

 

後がミントの様な爽やかさになってしまうほどでして。

 

たまにあるんですよね。

 

叱ると怒鳴るを履き違えてる人。

 

その後者だったりすると理由もなくただヤイヤイ怒鳴る訳でこちら側が全く理解出来ずなまま感情なパターンのやつ。厄介だし、一番無理なやつ。

 

でも、みんなこの人面倒くさいよって(まぁ、御本人までそう言ってましたが)言うけどワタシ的には「は?凄い人じゃん?」ってなったワケで。

 

何故か。こちら側を信じて下さった上で叱って下さっていて。逆に最初がクズだろうとこの人にチャンスを与えて貰えたと思いました。どうすっ転ぶことがあってもこの人がバックにおるし、ダメ出しされて行ける。よっしゃ!やったんで!となる位にフォローの仕方も勿論だけど声色もとにかく放たれるオーラも温かみしかなかったんですね。

 

「うちの会社の人達も見習ってくんないかなー」って思ってしまうほど。

 

久しぶりに叱られても有り難いことだなんて思ったのすらこの会社に入って初めてに近かったのです。おかしくない?自分の会社でこういう人が少ないって。

 

いいところ、悪いところを的確に話してくださって本当に救われた気分になりました。右も左も分からん担務に悲鳴上げそうだったから、逆にどうすっ転んでも大丈夫かなってわりかし思うことが出来て。

 

その後、即行動しました。

 

で、また違う取引先に電話して取材した先にはたまた感動しまして。とっても素敵な社長さんが対応してくださって。テレビとかイベントバンバン出てるみたいだし、バリバリの女社長さんなのかなーと思っていたのですが、こちらがびっくりしてしまう位にめちゃくちゃ気さくな方で声色も素晴らしいしで、お話出来てHPが全回復しました。電話越しにあまりの素晴らしさにうっかり泣いてしまいそうになって笑

 

まだまだダメだなワタシって思いました。学ぶべきことがあり過ぎる。でも、決してマイナスじゃなかった。そう思えた昨日に感謝しました。そして、声色って魔法だな。無限の可能性を感じました。