引き寄せたのは運命の人ではなくヲタクな日々

何ヲタと聞かれると答えられない程のヲタ活をしているアラフォーまっしぐらな女の話。

誰かに笑われる覚悟はあるか

人は見かけが100%とか言いますが

本当にそうだと思うんです。

 

第一印象は視覚の7秒で決まる。

つまり見た目。

次は声。

 

ということなんです。

 

と、乗務員時代や夢の国ではよく言われました。

 

性格は顔に出るし、雰囲気も出る。

 

意地悪な人間はそういう顔をしている。

 

と、よくオカンも言っておりますが、ここばかりは本当にそうだなと思ってます。

 

ワタシの場合は空気でも分かるし、オーラでも感じるタイプなので、第一印象が悪い人は大体覆らないというかある意味裏切らない。そして、面倒くせぇなコイツというのさえ裏切らない。

 

大体ワタシが「こういう人は嫌なんだよねー」って伝えてる人程そうだったりしてね笑

 

フェードアウトして距離がある付き合い方をしていることが多いです。

 

だから、やはり見た目には本当に気を配らないといけないと思うんですよね。

 

美しくいることって大事だし、自分にマイナスになることは絶対にない。

 

初対面の人がいるなら尚更に。

 

親しみやすいか

話掛けやすそうか

声のトーンはいいか

 

やはり気にしてます。

とくに自分が新人任されたりする時は特に。

 

でも、見た目。

びっくりするほど今まで本当にディズニールックをあまり崩してないです。

 

メイクは普段のように華美になり過ぎないこと。

見た目に清潔感は絶対。

そしていつでも笑顔を忘れない。

 

意外と特別なことはしてません。

 

特別に美人でもない、綺麗でもない。

それでもまた会いたいと思って貰える人がどんな時でもやはり選ばれていくと思うんです。

 

そういう人は笑顔が弾けるように素敵だったり、自分の表現をするのがとっても上手だと思うんですね。

 

それが縁になるか、ダメになるかはやはり自分が鍵を握っているんです。

 

マイナスしかなくて人に晒されて笑われる覚悟がない人はどこに行っても負けます。それに、これが全く好かれないんだ。人に。

 

マイナスしかないにしてもそれすらネタにして人に笑われる覚悟がある人は人から不思議と愛されるんです。

 

どっちの人間を応援したいか。

ワタシは可哀想でも、後者です。

 

もぅ本当に生きるネタになってやろう。その覚悟がある人間だけがプロになっていく。

 

最近凄くそう感じる瞬間に巡り合わせられた気がします。

 

失敗して落ち込むこともあるし、凹むこともあるけど、何より笑われる覚悟があるかないかで自分の内心もかなり変わるなと。

 

ワタシは笑いが取れたら最強って思ってるタイプなんで断然笑われる方がいいです。バカだなぁとか思われても人が笑ってくれる理由が自分ならそんないいことないです。

 

それでこそエンターテイメントの極みだと思うようになったら昔程落ち込まなくなりました。